サプリメントは飲み合わせによって弊害が発生

サプリメントは、飲み合わせによって弊害が発生することがありますので、飲む時には気をつけなければいけません。サプリメントの弊害とは、具体的にどういったものがあるのでしょう。サプリメントではどんな飲み合わせの弊害があるかをチェックしてみました。カルシウムサプリメントには、ビタミンDも配合されているタイプがあります。これは、カルシウムの吸収を高める作用が、ビタミンDにあるからだといいます。吸収を促進する例もあれば、逆に吸収を邪魔する例もありますので、栄養素のマッチングには気をつけましょう。カルシウムと鉄分などの組み合わせは、同時に摂取するとそれぞれの吸収を阻害して、効果が低下するという弊害があります。キトサンやDHAのサプリメントを、痩身のために使う人がいます。体脂肪を減らす役に立つとされていますが、健康状態によくない影響がある場合があるようです。これらは飲み合わせに気をつけたいサプリメントの例です。薬とサプリメントで、弊害が出ることがあります。病院で薬を出してもらう時にサプリメントを使っているという人は、かかりつけの医師に相談してみましょう。サプリメントと薬とで、いい関係をもたらさない場合もあります。マグネシウムは利尿の薬と一緒に飲めませんし、経口避妊薬は大豆イソフラボンと一緒には飲めません。心臓病など持病がある人は、グレープフルーツの成分が入ったサプリメントの利用は避けたほうが賢明です。思わぬ弊害を避けるために、サプリメントと薬を同時に飲むような時は、専門家の話を聞いて安全性をチェックするといいでしょう。